iphone-ios-newsの日記

様々なiPhone、iOS最新情報をお届けします。

4K、HDR対応Apple TV 第5世代発売日、新機能、価格などの情報まとめ

f:id:iphone-ios-news:20170922120953j:plain

Apple TV 5世代はこの秋に!その名はApple TV 4Kで、4Kコンテンツ配信開始!

2015年Apple TV アップデートされたきりで、今ライバルと競争できる力がなくなる。それを背景として「Apple TV 4K」というApple TV 5が登場。それに対し、iTunesに一部の映画が4K及びHDRと表示され、前代のApple TVでダウングレードしたら720Pまたは1020Pであるが。Apple TV新型2017年第五世代でダウンロードすれば4Kよりシャープな4K HDRコンテンツである。それと同時にiPhoneとHomePodなどの連携もできるようになる。色々の証拠でApple TV 第5世代の「Apple TV 4K」はこれから流行ってくる。詳しい情報はこれからご紹介しよう。

Apple TV アップデート!Apple TV 5公開日、発売日と価格

公開日: 2017913
予約日:2017915
発売日:2017922
価格:19800円~(税別)

予想どおりにApple TV新型は2017年アップル秋製品発表会で発表されて、「Apple TV 4K」という名も公開された。連続四年でデザイン変わらないiPhone8と超高いiPhoneXより、むしろApple TV 2017年機種のTV 4Kが注目されている。前代は発表から発売までは一ヶ月以上も時間がかかるが、Apple TV 第5世代はその三日後の9月15日から予約提供で、発売日は9月22日になると、公式サイトに載られている。が、予約も発売もiPhone8と同じ時点であるため、その日Apple公式サイトもアップルストアも込んでいると想像できるので、二三日後に予約/購入するほうがおすすめする。

iphone-mania.jp

Apple TV新型2017年スペック進化!その分に機体ぶ厚くなる?!

デザインApple TV 4とほぼ同じ
CPU:A10X Fusionチップ
メモリ:4GB+32GB/64GB
対応動画:最高4K、HDR、10bit
拡張性Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー HDMI搭載HDおよびUHDテレビに対応 Bluetoothキーボードに対応

f:id:iphone-ios-news:20170922121150p:plain

Apple TV 第5世代はデザインが前代とほぼ同じである。今でもおしゃれで、Apple風である。が、スペックの昇格と新機能対応するハードウェアの追加により、少しだけはぶ厚くなる。が、Apple TVは持ったり運んだりしないので、この程度の変更は感じられないかと想像できる。

CPUはA10Xコアになり、今Apple最新コアではないが、これも慣例になった。歴代のApple TV アップデートに一年前のチップが使われ、Apple TV 4Kも例外ではない。が、メモリの増やしにより反応スピードは前代よりずっと早くなるはずである。

RAMは前代の2GBから4GBに進化され、その理由は4K対応で処理負荷が増えるということだという。Apple TV新型2017年に拡張性も更新られる。今年Appleが発表されたHomePodとの連携はもちろん、iPhoneと連携して、iPhoneApple TV 4Kをコントロールすることも実現した。Bluetoothも更新られて、前代の4.0から5.0へと更新された。

iphone-mania.jp

Apple TV 2017年新機能追加!これから4K対応に、ゲーム面で強化!

スペックなどの進化は少なくて、前代は値下がりする。これにしてもApple TV 第5世代のApple TV 4Kを買るとすれば、新機能は唯一の理由であろう。その中に一番期待されるのは今回Apple TV アップデートされると4K動画に対応すること。しかもそれは普通の4Kより画面がよりシャープで色がより鮮明な4K HDRである。今iTunesで4KとHDRのコンテンツが配布開始されるが、Apple TV 5でないとダウンロードしたものは720Pあるいは1020Pである。つまり、Apple TV 2017機種でないと4K画質提供の映画を買っても最高画質で視聴できない。今提供しているコンテンツは主に映画と試合で、「美女と野獣」や「ローガン」のような海外映画も「この世界の片隅に」のような国内映画も提供している。Wifiに連続するとHuluなどの動画サイトに載られる動画も視聴できる。

また、CPUとRAMに進化により、ゲーム方面で普及と増長が期待できる。Apple TV 第5世代はスペックの進化により、本格的なゲームもうまく動作できるようになる。アップル2017年秋発表会に見たことのように、Apple TV 4Kの超高画質のおかげでゲームの体験が全然違いものになる。これからはゲームのソフトウェア会社と專門ゲーマーもどんどん来るかと期待できる。

それに、AppleのHomekitに重要な一部として、Apple TV第5世代はコントローラーとしてつとめる。ガレージのドアを閉めたり、家のヒーターやエアコンの温度をコントロールしたり。玄関の鍵がかかっているかをチェックすることもできるようになる。

 

【9月22日】iPhone8日本発売開始。iPhone8買うつもり?それともiPhoneX待つべき?

f:id:iphone-ios-news:20170922112850j:plain

iPhone8予約開始日:2017年9月15日

iPhone8発売日:2017年9月22日

iPhone8(ドコモ・auソフトバンク)購入方法:http://u0u0.net/G1U2

iPhone8画面サイズ:4.7インチ

iPhone8容量:64GB/256GB

iPhone8カラーバリエーション:ゴールド、シルバー、スペースグレイ

iPhone8チップ:A11 Bionic

iPhone8スペック

www.apple.com

iPhone8 iPhoneX違い:

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12179391142?__ysp=aVBob25lOCBpUGhvbmVY6YGV44GE77ya

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1709/14/news041.html

iPhone8とiPhoneX(テン)違いまとめ▼
①、ディスプレイサイズ:
4.7インチ(iPhone8);
5.5インチ(iPhoneX)

②、ディスプレイ画面:
iPhone8:ホームボタンあり;
iPhoneX:ホームボタンなし(フルディスプレイ画面)

③、ディスプレイ解像度:
iPhone8:1,334×750ピクセル解像度、326ppi;
iPhoneX:2,436×1,125ピクセル解像度、458ppi

④、カラーバリエーション:
iPhone8:ゴールド、シルバー、スペースグレイ3色
iPhonex:シルバー、スペースグレイ3色

⑤、カメラ:
iPhone8:iSightカメラ:12MP画素、FaceTime HDカメラ:7MPカメラ
iPhonex:iSightカメラ:両レンズともに12MP画素のデュアルカメラを搭載;rueDepthカメラ:700万画素カメラを搭載

⑥、センサー:
iPhone8:Touch ID(指紋認証機能)
iPhoneX:Face ID(顔認証機能)

 

 

綾野剛 iPhone8手に汗だく「ヤバいっす」 ブルゾンは女優魂!?

f:id:iphone-ios-news:20170922112234j:plain

綾野剛 iPhone8手に汗だく「ヤバいっす」 ブルゾンは女優魂!?

俳優の綾野剛(35)とお笑いタレントのブルゾンちえみ(27)が22日、都内で行われたNTTドコモ「iPhone8」など3種の新端末の発売記念セレモニーに出席した。

同社のCMできょうだいを演じている2人は、予約購入者らとともにカウントダウンに参加し、綾野は「へへへっ、たまんないですね」と興奮が抑えきれない様子。iPhone8を手にすると、「いや~、ヤバいっす」と相好を崩した。

その額にはみるみるうちに汗が浮かび、「普段はこんなに汗をかくことなんかないのに。熱気ですね」と苦笑い。一方のブルゾンは満面の笑みを浮かべたものの、「私は顔に汗はあまりかかないんです。女優魂ですね」と澄ました表情だった。

headlines.yahoo.co.jp

 

9月20日に正式版配信|「アメミル」アプリに新バージョン、iOS 11の「AR」「AI」機能を活用

f:id:iphone-ios-news:20170919173630j:plain

島津ビジネスシステムズは、気象アプリ「アメミル」iPhone版の新バージョンの提供を開始した。iOS 11に対応し、ARやAIを活用した新機能を搭載する。

k-tai.watch.impress.co.jp

新機能「サテライトアイ」は、上空から見た地図に気象情報を表示する機能。3Dの日本地図上に、衛星が撮影した雲画像や雨雲レーダー、アメダスの棒グラフなどを重ねて表示し、さまざまな角度から確認できる。サテライトアイは、iOS 11で搭載されたARアプリ開発フレームワーク「ARKit」を活用して開発された。

iphone-mania.jp

また、AI(人工知能)による天候の解説機能も追加された。これは、ユーザーのいる場所の降雨状態をAIが判別し、解説を表示するという機能。2万以上の降雨パターンと、気象予報士による解説を学習させたAIモデルを構築。iOS 11で実装された機械学習のためのAPI「Core ML」を活用し、アプリ内に実装した。

matome.naver.jp

次期macOS「macOS High Sierra」が日本時間9月26日(火)に正式リリース|アップデートしたい

f:id:iphone-ios-news:20170914155558j:plain

Appleは9月25日(米国太平洋夏時間)から、次期macOSmacOS High Sierra」の製品版をApp Storeを通して無料配信する。日本時間では26日からの配信となる。

gori.me

High Sierraでは新しいファイルシステムApple File System(APFS)」に対応し、セキュリティとレスポンスを改善した。また、新しいグラフィックスAPI「Metal 2」を採用し、macOSとしては初めて外付けGPUやVRヘッドセットをサポートする。

その他、付属アプリの機能改善やパフォーマンス向上も行われる。

www.gizmodo.jp

同OSは、2009年後半以降に発売されたMacBookシリーズとiMac、2010年以降に発売されたMacBook AirMacBook ProMac MiniMac Proで稼働する。

blog.goo.ne.jp

化粧・めがねを掛けてもちゃんと識別してくれるの?AIを使ったiPhone Xの顔認証機能「Face ID」とは

f:id:iphone-ios-news:20170914145519j:plain

いよいよ米Appleから発表された新型iPhoneiPhone X」では、ホームボタンが無くなったり、ワイヤレス充電に対応したりとさまざまな改変が行われています。そのなかでも気になる新要素は「Face ID」という顔認証機能。

headlines.yahoo.co.jp

「ダイエットしたらロック解除できなくなった」なんてことになったら面倒ですが……いったいこれ、どれくらい使える機能なんです?

rk109.com

iPhone」シリーズには、以前から「Touch ID」という指紋認証機能が存在していました。端末に触るだけで認証完了という手軽さをさらに推し進め、端末を見るだけで認証できるようにしたのが「Face ID」。これは赤外線カメラなどから構成される「TrueDepthカメラシステム」を利用した機能で、まず、端末を見ている人物の顔に、赤外線で3万超のドットを投射。そこから得た顔情報をニューラルネットワークに送り、数学的モデルを生成して、本人認証を行なう仕組みになっています。

f:id:iphone-ios-news:20170914145554j:plain

同機種にはニューラルエンジンが内蔵されており、これらの工程はすべて端末上で完結。プライバシーにかかわる情報をクラウドシステムなどにアップロードせずに、ロック解除、Apple Payによる支払いを行なうことができます。

gigazine.net

「Face ID」は端末が注視されているときのみ反応するため、「第三者が自分の寝顔に端末を向けて、こっそり認証クリア」という心配はなさそう。また、写真などによるなりすまし被害も防止する設計になっているそうです。

f:id:iphone-ios-news:20170914145611j:plain

これらのセキュリティー面の問題に加え、ユーザーとして気がかりなのは使い勝手の良さでしょう。Appleの発表によれば、「Face ID」は暗い場所でも利用できるほか、機械学習によって外見の変化に対応。「友人が本人と認識できなくなる」くらい顔つきが変わってしまっても問題ないとのこと。ひげを生やしたり、めがねを着用したりしてもちゃんと認証してくれるそうです。

note.chiebukuro.yahoo.co.jp

新型「iPhoneX/8/8 Plus」は30分で最大50%充電--ただしUSB-C電源アダプタが必要

f:id:iphone-ios-news:20170914143435j:plain

Appleが米国時間9月12日に「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を発表したとき、それほど注目を集めなかった新機能が1つある。充電の高速化だ。

headlines.yahoo.co.jp

詳しく説明しよう。iPhone X、iPhone 8、8 Plusに関するAppleの技術仕様ページによると、30分で最大50%まで充電することが可能だという。ただし、注意事項が1つある。この機能を利用するには、AppleのUSB-C電源アダプタを別途購入する必要がある。

これは間違いなく皮肉な状況である。Appleはほとんどの「MacBook」でUSB-C充電ポートを採用しているが、「iPhone」では同社独自の「Lightning」ポートを使い続けている。USB-Cアダプタがなければ、この重要な高速充電機能を利用できない。このことは、Appleがほかと違うことを求めるせいで、実際には高速充電機能を使いづらくしてしまっていることを示している。アダプタは問題なく機能するが、見た目は美しくない(3種類の新型iPhoneは、Qiワイヤレス充電を採用した初のApple製品でもある)。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

Appleによると、高速充電機能はAppleの29W、61W、および87WのUSB-C電源アダプタに対応するという。ただし、これを入手するには5200円~8800円(税別)の出費が必要で、さらに2800円からのUSB-C - Lightningケーブルも購入しなければならない。

www.gizmodo.jp

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。